★個別指導塾ではしっかり成績を伸ばす保証制度があります!個別指導塾比較ランキングで調べましょう!!★

成績保証制度は、個別指導塾が提供する、学校の定期テスト等で目標の成績に及ばなかった場合に、授業料の一部または全額を免除、あるいは追加で授業が無料で受講できるサポート制度です。当制度は、生徒側には経済的負担が軽減されるだけでなく、個別指導塾側にも生徒獲得のための広告効果として大きなメリットを享受することが可能です。したがって、成績保証制度を採用する個別指導塾は少なくないですが、その基準や判定方法が難しいといった課題もあります。注意しておきたいのは、成績保証制度は成績が上がらなければ金銭的負担を塾側が負担するため、個別指導塾ごとに保証内容や期間、目標等の条件を細かく設定していることです。したがって、成績保証の適用を受けるには、生徒側も様々な条件をしっかり守ることが必要となります。条件を遵守して真面目に学習し、それでも目標を達成できなかった場合は金銭面の保証が受けられるので、生徒は安心して学習することが可能です。さらに、成績保証制度を提供できるということは、それだけ成績アップを達成させるだけの能力と自信があるという表れでもあります。もし、成績アップが実現できない生徒が続出してしまえば、個別指導塾を運営していくことが非常に困難となってしまいます。つまり、成績保証制度がある教室は指導ノウハウや講師の質が充実しているという判断材料になります。興味がある人は即申込みを行わず、まずは、体験授業や学習相談を受けて見極めることから始めてください。そうすることで、自分にとって最適な教室を見つけることが可能となります。

★認印とは印鑑登録できる実印以外の印鑑を指します!!認印のことをもっと知ろう!!★

印鑑は大きく分けると、「実印」と呼ばれる種類のものと、「認印」と呼ばれる種類のものがあります。実印や認印の中から、使用や用途に応じて、「銀行印」や「訂正印」といった種類の印鑑に分類されることになります。認印とは、印鑑登録できる実印以外の印鑑を指し、安価な三文判やシャチハタも認印として使用できます。認印には、丸い囲みの中に苗字が刻印されているだけのシンプルなものが多く、大きさも認印の方が実印より小さくなっています。このような違いは、実印と認印の用途に適しているだけで、法的な分類ではなく、あくまで印鑑登録されているものが実印で、認印とはそれ以外の印鑑ということになります。上記の通り認印とは、実印のように公的な証明によって効力が担保されている訳ではないですが、各種契約書類に認印で署名捺印したものは、法律上の効力を持つため注意が必要です。日々の書類などで認印を使う機会は多いと思いますが、認印でも効力が生じてしまうので、契約書類に間違った箇所を発見したら、訂正印を捺印するなど書類関係には注意を払う必要があります。このように、認印でも法的効力が発生するため、シャチハタのような大量生産された簡易式のはんこは、模倣されやすい字体なので注意が必要です。また、認印は、頻繁に使用するため、その都度上下を確認することを面倒に感じる人も多く、そのため認印にはアタリがついている場合があります。注意したい点は、アタリが付いている印鑑を選べるものは認印であって、実印ではないということです。実印は認印とは違い重要書類や契約などで、使用するので確認の意味も含まれています。