★認印用に人気の高いシャチハタは使い勝手が良い分、注意も必要!★

認印は、普段使いの印鑑として誰もが所持しています。なかでも使い勝手の良いシャチハタは100円ショップでも購入できることから人気があります。そもそもシャチハタは会社名であることを知っていますか?朱肉が不要なゴム印のことをシャチハタと呼んでいますが、ネーム印として一般的には販売されています。シャンパンとスパークリングワインとの関係みなたなモノでしょうか。シャチハタは印鑑として幅広シーンで活躍でき、宅配物の受領から仕事での契約書まで利用できます。シャチハタは人気があるため様々なラインナップが各社から販売されており、魅力的な商品がたくさんあります。特にボールペン付きのシャチハタはビジネスシーンで大活躍です。シャチハタにボールペンが付いているので一個二役で便利なうえ、クリップが付いているのでポケットに挟んでおけば何時でもすぐに使用可能です。また、最近はキャップがスライド式になっており、紛失リスクのない商品もあります。よく、キャップを失くしてしまい使い物にならなくなったという声を耳にします。キャップレスのシャチハタならそのような心配もなく安心です。シャチハタは朱肉を補充できるのでインク切れになっても継続して使用できます。ただし、商品によっては耐久性の悪い商品もあるので通常の認印のように長くは利用できないでしょう。また、シャチハタは契約書には使用できないので注意が必要です。契約書には普通の認印が押印することになります。これは、シャチハタの印面を見てもらえば分かると思いますが、ゴム製でできているため、経年劣化によって印影が変わる可能性があるからだそうです。また、大量生産による書体は簡単に複製できたり、他の印鑑でも同じ文字が印影できるから使用禁止となっているようです。したがって、シャチハタしか持っていない人は、家を借りたり、携帯電話を契約したりなど契約書を押す場面は意外と多いので、通常の認印を用意しておきましょう。

認印とシャチハタ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>