★認印とは印鑑登録できる実印以外の印鑑を指します!!認印のことをもっと知ろう!!★

印鑑は大きく分けると、「実印」と呼ばれる種類のものと、「認印」と呼ばれる種類のものがあります。実印や認印の中から、使用や用途に応じて、「銀行印」や「訂正印」といった種類の印鑑に分類されることになります。認印とは、印鑑登録できる実印以外の印鑑を指し、安価な三文判やシャチハタも認印として使用できます。認印には、丸い囲みの中に苗字が刻印されているだけのシンプルなものが多く、大きさも認印の方が実印より小さくなっています。このような違いは、実印と認印の用途に適しているだけで、法的な分類ではなく、あくまで印鑑登録されているものが実印で、認印とはそれ以外の印鑑ということになります。上記の通り認印とは、実印のように公的な証明によって効力が担保されている訳ではないですが、各種契約書類に認印で署名捺印したものは、法律上の効力を持つため注意が必要です。日々の書類などで認印を使う機会は多いと思いますが、認印でも効力が生じてしまうので、契約書類に間違った箇所を発見したら、訂正印を捺印するなど書類関係には注意を払う必要があります。このように、認印でも法的効力が発生するため、シャチハタのような大量生産された簡易式のはんこは、模倣されやすい字体なので注意が必要です。また、認印は、頻繁に使用するため、その都度上下を確認することを面倒に感じる人も多く、そのため認印にはアタリがついている場合があります。注意したい点は、アタリが付いている印鑑を選べるものは認印であって、実印ではないということです。実印は認印とは違い重要書類や契約などで、使用するので確認の意味も含まれています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>